» 2011 » 8月のブログ記事

この写真は、ステンレスのフランジや胴体、あと枝管などを、組み合わせて、溶接・製缶されたものです。
溶接・製缶後、酸洗いに出しているので、ピカピカ光って、キレイに仕上がりました。

溶接で熱が加わると、材料に熱が加わり、ヒズミが生じます。熟練の職人さんは、そのヒズミを計算しながら溶接していきますが、どうしても生じてしまうヒズミに対しても、熟練の技で対処しています。

KHでは、ステンレス製のタンクの製缶・溶接を、工場内で製作している様子を、
よく目にします。
写真は、現在修理中のタンクです。

製作中の、二重管式熱交換器などの写真です。
溶接の外面は、研磨されているので、研磨部が、光っています。

工場内で製作中の、二重管式熱交換器の製缶・溶接でも、裏波を出すのに、アルゴンガスを流し、溶接しています。
管の内側を美しく仕上ることで、腐食しにくく、長持ちする製品となります。