工場内で製作中の、二重管式熱交換器の製缶・溶接でも、裏波を出すのに、アルゴンガスを流し、溶接しています。
管の内側を美しく仕上ることで、腐食しにくく、長持ちする製品となります。