タンク 金具修理

スポット溶接(溶接したい2片の金属の上下から電極をあて、適度な圧力を加えながら、大電流を流し発生した熱で金属を溶かして接合する方法)で溶接した金具が変形し取れてしまった部分を修理しています。
厚みのない材料の場合、通常の溶接ができないのですが、ケイエイチの職人さんは、材料に直接火を付けずに、溶かした溶接棒を接合部分にすばやく付けることで、溶接していきます。そうすることにより強度が格段に上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

裏波溶接 海外向け製品

次の記事

化学機械 配管