配管の裏波溶接

パイプのように、内側から溶接できないモノの内面に、溶接面を作る溶接法を、裏波溶接といます。外側から板厚を突抜けて溶かし、裏面に溶接ビードを作ります。酸化防止のため、目張りをしてアルゴンガスを流しての溶接をします。溶かし過ぎれば穴があき、足りなければ裏波になりません。内側を想像しながら溶接を行う、職人技です。

コメントを残す

前の記事

塩ビ溶接

次の記事

配管修理