コンパクトエンジニアリング

コンパクトエンジニアリングとは

コンパクトエンジニアリングとは、プラント(テストプラント・パイロットプラント・実機プラント・研究設備)の新設・増設・移設で、設備の最適化をはかり予算を最小限化するエンジニアリングのことです。

ケイ・エイチ工業のコンパクトエンジニアリングの特長

ケイ・エイチ工業のコンパクトエンジニアリングの特長は、どんなに小さな案件でも企画・構想段階からお客様のわからない・疑問等にとことん寄り添い、最後まで伴走させていただくことです。

化学プラント

医薬品プラント

食品プラント

環境プラント

その他プラント

1.やれること
基本設計
・プロセス設計
・PFD(フローシート)
・P&ID
・配置図

詳細設計
・機器
・配管レイアウト(3DCAD「EYE CAD」)
・電気・計装
・土建

機器据付
・製缶品
・機械装置
・回転機器など

配管工事
・金属
・樹脂
・ライニング
など

2.流れ
企画 ⇒ 基本設計 ⇒ 詳細設計 ⇒ 製作(内作)等 ⇒ 現場工事 ⇒ 検査・試運転

3.大きさの種類
A.研究開発
B.テストプラント
C.パイロットプラント
D.実機プラント

4.その他の種別
A.新設
B.増設
C.改良・改善
D.移設
E.撤去

研究設備・テストプラント・パイロットプラント等の
企画・構想、基本設計、配置設計、製作設計、製作、現場据付配管工事、検査、試運転まで一貫して責任を持って完成させます。

khindustry

さらに読み込む... Instagram でフォロー