熱交換器の仕様を特定できない時、それは、通常であれば、自社での実績を元に、大きさを決めて、図面屋さん、設計屋さんに、作図やCAD化させることもあるが、自社での実績がない場合や、実績を元に決めるのには抵抗がある場合、エンジニアリング会社などに依頼する場合がある。しかし、エンジニアリング会社は値段がバカ髙いし、何しろ、エンジニアリング会社にとって、小さな小さな案件となってしまうようなものは、後回し、後回しにされ、いつになるかも分からない。そのような時に、ケイ・エイチ工業では、熱量計算などの設計も自社でやっているので、小回りを利かせて、大手エンジニアリング会社よりも早く、安く出来る。これが、ケイ・エイチ工業が最も得意とする、コンパクトエンジニアリングの一つです。